さばのゆデザイン
世田谷・経堂。イベント酒場〈さばのゆ〉を発信地としてゆったり笑える豊かな社会をつくるデザインカンパニー
Photo N.Kurisu

2017.10.9

商店街の酒場の賑わいが、こども食堂の笑顔につながる。人情に寄り添い循環する日銀券。石巻の金華サバ料理の有名店・経堂らかん茶屋さんの噺。

by 須田 泰成

文化と笑いのコミュニティデザインスローコメディコミュニティの熟成と発酵

「風が吹けば桶屋が儲かる」という言葉がありますが、

世の中のあらゆる物事はつながっていて、
一見すると関係がないようなものやことが、
実は、互いに作用しあう大切な存在であったりします。

今回の記事は、
コミュニティにおける、つながりの話。

筆者は、世田谷区・経堂エリアで、
2年ほど「こども食堂」の活動を続けています。

経堂こども文化食堂といいます。

経堂こども文化食堂という名称は、
単に安価もしくは無料でご飯を食べるだけではなく、
文化体験をしてから、
皆一緒にご飯を作って食べるところから来ています。

ご飯も大事だけど、文化も大事。

主な文化体験は、陶芸、落語、書道など。
それから鰹節を削り、だし巻きをつくったり、
防災食を体験したり、日本全国のご当地のものを食べたり、
食育を意識したメニューの楽しいランチとなります。

詳しくは、
経堂系ドットコムの経堂こども文化食堂まとめ記事をご覧ください。

経堂こども文化食堂を
2015年秋の準備開始から約2年続ける中で、
幾つか興味深い「つながり」の連鎖が見えてきました。

その一つが、こちら。
経堂駅前で38年ほど商売を続けておられる
経堂農大通りらかん茶屋さんの大将・春さんが
鶏の唐揚げ2キロを揚げた後の笑顔の写真です。

実は、この唐揚げはただの唐揚げではありません。

大将から経堂こども文化食堂に毎回プレゼントしてくださる
無料の唐揚げなのです。

こどもたちの大好きな唐揚げは、
経堂こども文化食堂の開催地まだん陶房さんに届くと、
こどもたちが世界の国旗で装飾したりします。

食卓の中心に唐揚げ!みんな笑顔!

ご飯もススムくん!

経堂こども文化食堂は、土曜日の開催が多いのですが、
実は、らかん茶屋の大将・春さんは、
土曜はランチが休みにも関わらず、わざわざ朝から店に来て、
鶏の唐揚げを用意してくれるのです。

なぜかというと、

「まあ、うちは、いまのところ商売上手くいってるから。
余裕のある時は、やっぱりね、困ってる人に何かできないか、
考えて、行動した方がいいと思うんだよね」

男気に満ちた大将の言葉。

そして、らかん茶屋さんの商売好調の理由は、これでした。

夜メニューに10種類ほどもあるサバ料理です。
サバサバサバ! サバ尽くしの、まさに壮観!

らかん茶屋さんでは、サバ料理を中心とした宴会を
4500円ポッキリ(税込み)+飲み放題(4名以上/2時間制)でやっており、
遠方から友人・知人と訪れて、
味良し、雰囲気良し、コスパ良しと喜ぶ名物コースなのです。

「うちは、この宴会コースが人気ですね。
サバ料理のリクエストがあれば、前もって相談してください」とのこと。

サバ料理を幾つかと、サラダ、
こども文化食堂と同じ鶏の唐揚げなども注文すれば出してくれるそう。

こども文化食堂の唐揚げ無償提供は、
サバ料理を中心とした宴会の賑わいと関係があるに違いない。

人気のサバ料理は、めくるめくラインナップでした。

須田 泰成

須田 泰成

「スローなコメディにしてくれ」
 編集長+プロデューサー+ライター。
always look on the bright side of human life♩な
「もの+こと+ひと」を取り上げながら、
地域や企業のリアル・ムーブメントも熟成発酵させている。

世田谷区経堂と全国の地域の生産者と文化をつなぐ
経堂系ドットコムを2000年から運営。
イベント酒場さばのゆをハブに全国のつながりを醸す日々。
東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産
の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、
さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。
工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。

本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。
著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、など。
脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など多数。

『シャキーン!』(NHK)『すっぴん!』(NHKラジオ第一)
などの番組立ち上げもいろいろ。

テレビ、ラジオ、WEB、脚本、構成、
執筆、制作、講演などの仕事多数。
お仕事も承っております。
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda
お問い合わせはこちら

TOPへ戻る