須田泰成の〈つなぎあるき〉ブログ
人や地域や企業を〈つなぐ〉日々を過ごすコメディライター&プロデューサー須田泰成の〈つなぎあるき〉日記+コラム
Photo N.Kurisu

2017.11.5

大阪・堺のアナゴの老舗〈松井泉〉さんと缶詰博士・黒川勇人さんをつなぎ歩く。

by 須田 泰成

つなぎ歩き日記

全国各地のおいしいものと
おいしいもの好きを〈つなぎあるく〉のも実に楽しいもの。

大阪・堺のアナゴの老舗、松井泉の社長の
松井利行さんと知り合ったのは、昨年のことでした。

松井さんと知り合う前は、
アナゴといえば、お寿司屋さんの握りか、
出張で瀬戸内方面に行った際のアナゴの駅弁くらいの認識でした。

それが、松井さんと会う度にいろんな知識と、
いろんなアナゴの食べ方を教えていただき、目からウロコの連続で、
アナゴワールドがすっかり広がってしまいました。

堺といえば、中世から戦国時代にかけて
とても栄えた街で、茶道の千利休はじめ、いろんな才能を生んでます。
そして、昔は、下関のフグ、堺のアナゴと言われるほどだったそうです。
松井さんは、父親も祖父も穴子を専門にしていて、
ご自身も幼い頃から穴子一筋。

美食の大家として有名な北大路魯山人が、こんな一文を書き残しています。
    
「あなごの美味いのは、堺さかい近海が有名だ。東京のはいいといっても、
関西ものに較べて調子が違う。焼くには堺近海のがよく、煮るとか、
 てんぷらとかには東京のがいい」
( 『魯山人の食卓』(北大路魯山人著、角川春樹事務所グルメ文庫)から)

そんな堺のアナゴを缶詰博士・黒川勇人さんに〈つなぎあるき〉してみました。

訪れたのは、大阪・堺。
南海電車・難波駅から南海高野線(和泉中央行)に乗り、
区間急行で20分ほどの泉ヶ丘駅で下車。
高島屋泉北店にある松井泉さんの直営店。

売場の前で、アナゴ帽子を被って2ショット。

「ぼくは東北の人間なので、関西のアナゴが楽しみで楽しみで」と、
興奮気味の黒川さん。

仕事がない日だったので、早速、昼飲み。
ビールのツマミに最初に出していただいたのは、
アナゴのやわらか煮。これがウマい!

続く一品は、アナゴの肝煮。珍味&美味!

さらに焼きアナゴで煮ゴボウを巻いた八幡巻。

ツマミ3品の後、メインのアナゴに

煮アナゴさまが登場しました。

感動した缶詰博士、かく語りき。

「アナゴといえば、これまで、
柔らかく煮たものしか食べたことがなかったんですけど、
でも松井泉さんのお店は、同じ煮アナゴでも、
最初に食べた時間を掛けて柔らかくしたものと、
いま食べたばかりの、さっと煮てあっさり仕上げたものがあって、
それぞれ味わいが違うのがオモシロイ。
さっと煮たアナゴは最低限の味つけだけで、アナゴがもともと持っている脂とか、
意外と野趣のあるうまみがよく判る。骨の細かな歯触りも楽しいですね」

続いて、香りのいい焼きアナゴ。

「焼いたアナゴはさらに野趣がありますね。
噛むとゆっくりうまみが湧き出してきて、それが焦げ目の香ばしい匂いと混ざり合い、
〈アナゴですどうもどうもうふふ〉と笑いながら鼻腔を抜けていく感じ、
燗酒が欲しくなる〜」と、さらに感動が高まった缶詰博士。

この至福の表情を見よ!

そして、〆に入ります。
アナゴ飯は、焼きアナゴと煮アナゴがWで。

さらに松井泉さん特製アナゴふりかけをかけたご飯に
アナゴの頭でとった出汁をかけたアナゴ茶漬け。

そして最後にアナゴ蕎麦。

缶食後の大満足の2ショット。

実は、この後、缶詰博士・黒川勇人さん、八幡巻きをお土産に買ってしまいました。

「八幡巻きは、予想外にウマかったです。
素朴で透明なごぼう君に、酸いも甘いも噛み分けたアナゴ姉さんが
〈あんたに足らない脂をあたしが補ってあげるわ〉と
 擦り寄っている〈ような気がする〉。家呑みにもピッタリですね!」

アナゴの老舗・松井泉さんと缶詰博士・黒川勇人さん。
今後もいいご縁とそしてつながっていただきたいものです。

松井泉ホームページ

須田 泰成

須田 泰成

「スローなコメディにしてくれ」
 編集長+プロデューサー+ライター。
always look on the bright side of human life♩な
「もの+こと+ひと」を取り上げながら、
地域や企業のリアル・ムーブメントも熟成発酵させている。

世田谷区経堂と全国の地域の生産者と文化をつなぐ
経堂系ドットコムを2000年から運営。
イベント酒場さばのゆをハブに全国のつながりを醸す日々。
東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産
の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、
さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。
工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。

本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。
著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、など。
脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など多数。

『シャキーン!』(NHK)『すっぴん!』(NHKラジオ第一)
などの番組立ち上げもいろいろ。

テレビ、ラジオ、WEB、脚本、構成、
執筆、制作、講演などの仕事多数。
お仕事も承っております。
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda
お問い合わせはこちら

TOPへ戻る